特集!臨床工学を学べる学校~大阪~

トップページ > 大阪にある臨床工学の大学について > どこででも学べる臨床工学という分野

どこででも学べる臨床工学という分野

臨床工学という分野では、大学の考え方、教育方針に納得してからでなければ、キャンパスライフは有意義なものではなくなる可能性もあります。
大阪のみならず、関西全域で考えても、臨床工学技能士として働くのであれば、その分野は医療となります。
臨床工学の分野はまだ歴史的にも、教育上でも浅いですが、大阪の医療機関の様々な領域に細分化されています。
例えば、血液浄化や呼吸療法、人工心肺は臨床工学の主軸です。
機器管理のスペシャリストで、手術室のみならず、救急・集中治 療室でも活躍します。
臨床工学を学び、技士としてのポジションをどう取るのか、大学で学ぶのであれば、こうした細分化された分野の中から特定の分野に絞り込み、専門性を極めることも1年次から視野に入れて授業に取り組みましょう。
大学でも、そのカリキュラムは実に魅力的で、もっと細分化されていれば、血液浄化でいえば、急性や慢性血液浄化などに分けられているようです。


現実的に、臨床工学を学ぶ学生は、他の医療分野よりも少ないようです。
それだけに、確固たるポジションを取れる可能性が大きくなるのも魅力でしょう。
専門性を極めるにも、現実的には研究、学び続けるなど専攻することがポイントです。
また、国家資格として比較的新しく、指導者も少ないため、その分野の専門家がどれだけ籍をおくのかがカギを握るでしょう。
セミナーや教育講演などにも参加してみましょう。
また、臨床工学の分野だけではなく、少し範囲を広げて医療全体とした捉え方、教育方針もあるようです。
例えば、サイバーセキュリティ、医療者のコミュニケーション、在宅などが一例です。
臨床工学分野としてみたり、医療分野と捉えてみたり、ポジション取ることを考えるだけでも将来性は早いうちから視野に入れるべきです。


研究力であったり、プレゼン・コミュニケーション能力などが求められるのも医療分野です。
学術的要素が高く、それだけに入れ替えも少ないため、一生涯の活躍が期待できます。
また、合格率が2割程度と極めて難関となるのが、第1種ME技術検定試験ですが、大阪の大学からでも合格を目指すことは可能です。
他にも、医療機器学会主催でも、医療機器情報コミュニケータ認定試験に対応する学校までがあります。
今や、従来の受けるものという教育の考えから、受けて成長し、相手も成長するためのものと捉える学校もあります。
先に述べたように、まだ大学の数、現状を知る専門講師の数も少ないために、講師も日々成長しなければなりません。
それが、医療分野の情報の更新だけではなく、人として、指導者としても言える内容です。
新人教育やOJTなどでも同じ、指導者は経験年数もあり、仕事もできますが、新人はちょっと前まで学生です。
臨地実習はしても、臨床に出ると即戦力にはなれません。
かと言って、一方的な指導や教育を行うと成長はできません。
何かを教える・伝達する、それが互いに成長することになります。
知識の確認・整理・補充がポイントです。
どんどん伝える、色んな場所で役立てるにしてもインターネットやSNSなども役立つでしょう。

次の記事へ